置き配バッグ 無料体験モニターへの参加規約

  • 概要

    Yper株式会社(以下「弊社」といいます)、東京建物株式会社および東京建物不動産販売株式会社が実施する、置き配バック利用試験への参加を希望される方は、必ず以下の事項(以下「本規約」といいます)をお読みになり、参加登録作業をアプリ内で実施する際にご承諾下さい。(なお、本利用試験へ参加される方を「参加者」と表記いたします)。
  • 試験概要

    • 期間

      2019年10月15日~2019年12月31日(以下「本試験期間」といいます)
    • 試験内容

      弊社が開発・販売中の置き配バッグ「OKIPPA」を上記試験期間中に玄関口に取付けして宅配物の受取りを行って頂き、再配達削減効果を検証頂きます。弊社スマートフォンアプリ荷物管理OKIPPA(以下「弊社アプリ」といいます)をご利用頂くことで、オートロックマンションでも不在時に玄関前配送が可能になります。また、本試験期間中は宅配物だけでなく、クリーニング、洗濯代行サービス、ネットスーパーの玄関前配送等(こちらのご利用は任意)も試験に含め、入居者様の需要検証を行う予定です。モニター期間中に実施の場合には、別途、ご登録のアドレス宛にご案内を致します。
    • 利用試験参加条件

      • 利用規約に同意していただける方。
      • モニター調査期間中(計6回1を予定)、期間後のアンケートにご協力いただける方。 1 アンケートは10月2回、11月2回、12月2回を予定しております(実施状況により変更になる可能性はございます)
    • 試験期間中の宅配物の配送方法に関して【重要】

      試験期間中、参加者宅への配送物に関して、配送員は以下の通り配送方法を変更します。
      • 試験期間中、配送員はOKIPPA専用の端末(玄関オートロック外側に設置)にて認証作業を行い入館します。そのため、マンションエントランスからチャイムを鳴らしての在宅確認は実施致しません。ただし、OKIPPA利用前に参加者の各玄関前のチャイムにて在宅確認は実施いたします。
      • 試験期間中、参加者の宅配物に関しては、1階の集合宅配ボックスよりもOKIPPAへの預入を優先致します。ただし、下記の場合にはOKIPPAは利用せず、1階の集合宅配ボックスを利用致します。集合宅配ボックスが満杯の場合には、不在票を投函し、再配達処理を致します。 ・OKIPPAを所定の場所で確認できなかった場合 ・OKIPPAが利用不可な状態だった場合(先に荷物が入っている等)
      • 対面受取りが必要な荷物は、通常通り、宅配ボックスやOKIPPAは利用せず、不在票を投函し、再配達処理を致します。
      • 参加者と非参加者を区別するため、体験モニター開始前に参加者の部屋番号のみ各配送会社会社と共有させて頂きます。各配送会社は、ヤマト運輸株式会社、日本郵便株式会社、佐川急便株式会社、楽天エキスプレス、アマゾンデリバリープロバイダになります。
    • 料金

      利用試験中、基本的に料金は発生しません。ただし、利用者保有のタブレット・スマートフォンの通信料やECサイトにて購入した商品の代金、送料等に関しては利用者負担とします。
  • 個人情報

    • 弊社は、参加者から提供された個人情報を、本利用試験及びこれに付随する業務、マーケティング資料の作成等の弊社内部での利用、本試験に関する情報の参加者への通知、及び弊社の権利を確保するために必要となる範囲でのみ、利用できるものとします。
    • 弊社は、参加者から提供 ・登録いただいた個人情報を、前項の利用に必要な範囲で、その管理を弊社が指定する第三者に個人情報の適切な管理を義務付けた上で委託することができるものとします。
    • 弊社は、参加者から提供された個人情報を、本条件に明示される場合及び以下各号の場合を除き、参加者の事前の承諾なく、第三者に開示・漏えいしないものとします。
      • 法令の定めにより開示を義務付けられる場合
      • 法的権限を有する者からの開示要求があった場合
      • 急迫又は不正な侵害から、弊社の権利を守るため又は弊社の権利を回復するために止むを得ず開示する場合
      上記のほか、参加者から提供された情報 については、弊社アプリ利用規約(https://www.okippa.life/terms/)に従い取り扱うものとします。なお弊社アプリ利用規約が改訂された場合、改定内容に従い取り扱うものとします。
  • 盗難時の補償について

    • 補償対象

      本試験期間中に限り、以下の事象が発生した場合には、ECサイト(ただし,OKIPPAアプリ内で配送状況確認できる物に限ります。)購入品で、且つ弊社アプリにて事前に同期が完了していたことが弊社側で確認できた商品に限り、弊社ECサイトアカウントにて同等品を購入し、送付致します。
      • 置き配バッグOKIPPAに商品が入った状態でバッグ・商品ともに盗難
      • 置き配バッグOKIPPAの破損に起因する商品の盗難
    • 補償の条件

      • 補償の方法は「代替物の現物給付」のみになります。
      • 在庫切れ等のため代替物として全く同じ商品を手配出来ない場合には、同等の機能・性能を持つ商品で代替する場合があります。
    • 補償対象とならない場合

      • 商品包装箱の潰れ、やぶれ、汚れ、その他の破損
      • 極端に換金性の高い商品(現金、商品券、プリペードカード等)
      • 商品の不具合・ 初期不良又は配送中の事故と(ア)1.2.との判別が不可能な場合
      • ECサイト、取引相手または配送業者による補償対象となる場合
      • 雨水浸水等による商品包装箱の濡れ、それに起因する商品の不具合、損傷
      • OKIPPAが固定されていない、もしくは鍵が正常にかかっていなかった等OKIPPAの使用方法を参加者が誤ったことに起因するOKIPPA及び商品の盗難
      • 他に代替できる物がない「一点もの」(オークション購入品、フリマ購入品、ハンドメイド品等)
      • その他、上記以外で弊社がOKIPPA内で発生したと断定できない不具合、損傷
    • 補償限度額

      • 30,000円/回(該当商品代金)
      • 補償対象となる請求は、試験期間中に原則として1回までといたします。
    • 補償請求に関する条件

      • 事故発生日から1週間以内に弊社へのご連絡
      • 必要な場合には警察への被害届の提出等、問題解決へのご協力を頂くこと
  • 免責事項

    弊社は以下の各号に掲げる事項について一切の責任、負担を負いません。
    • 4.盗難時の補償対象となる場合を除き、弊社アプリ及びOKIPPAを利用したことおよび利用できなかったことによって生じる一切の損失・不利益
    • 弊社アプリをダウンロード・インストール、使用するにあたって発生し得る端末の不具合
    • 置き配バッグの取り付け及び使用による住居、建造物の破損
  • 機材の貸出

    • 規約の適用

      置き配バッグOKIPPAの貸出期間は本モニター調査期間中とします。
    • 貸出契約の成立及び終了

      • 当該貸出契約は、利用者が貸出を希望する各機材ごとに成立するものとします。
      • 機材の貸出契約は、弊社が貸出契約の申込みを承諾した日に成立するものとします。
      • 本規約に基づく機材の貸出契約は、下記事由が発生した日から1週間以内に返却するものとします。ただし、機材の不具合など差し替えのため返却 の場合は弊社負担とします。
        • モニター調査期間終了前に利用者の都合により利用試験を終了した場合。
        • モニター調査期間が終了した場合。
    • 料金

      機材一切の貸出料は無料とします。
    • 機材の破損・盗難・紛失・売却

      機材は利用者にて適切に管理するものとし、利用者の過失により破損した場合は、その修理にかかる費用を請求するものとします。ただし、自然災害(地震、洪水など)による破損・紛失はこの限りではありません。なお、貸し出されたいずれの機材も売却することはできません。
  • 禁止事項

    • 第三者への譲渡・貸与の禁止

      機材は利用者本人が使用するものとし、第三者への譲渡・貸し出しはできないものとします。また、利用者が機材を使用して法律違反を犯しても弊社はいかなる責任も負わないものとします。
    • 置き配バッグの設置方法

      置き配バッグは、参加申込者に配布するガイドラインに基づき、設置いただきます。指定の方法以外での設置はできないものとします。
  • 条件の変更

    • 弊社は、利用者に通知することで本規約を変更することがあります。その場合、利用者は変更後の規約に従うものとします。
    • 本サービスの提供アプリ・プログラム、貸し出し機材の条件等は予告または通知なく変更される場合があります。
  • 本利用試験の中断、終了

    • 弊社は、モニター調査及びその他検証等のため、参加者に事前に通知すること無く任意に、一時的に本モニター調査を中断することがあります。
    • 本規約第2条(ア)の定めにも拘らず、弊社は事前に通知すること無く、任意に本モニター調査を終了することができるものとします。
    • 前二項に基づき本モニター調査の遅延又は中断若しくは終了した場合においても、これに基づいて参加者が被った損害について弊社は一切責任を負わないものとします。
  • 一般条項

    • 本規約は、その成立、効力、解釈及び履行を含め、全て日本語により解釈され、また日本国法令に規律されるものとし、本規約に定めのない事項は、民法、商法その他の法令の定めによるものとします。
    • 本規約の一部が、消費者保護法令の強行規定及び他の強行規定により効力を有しないとされる場合でも、その他の部分はこれに反しない最大限の範囲で効力を有するものとします。
    • 本規約に関連する参加者と弊社との紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

東京都渋谷区南平台町13-15 LUMBER ONE南平台ビルANNEX 2F Yper株式会社 2019年8月1日 制定