これまでご提供していた「月額継続コース」サービスは2021年10月31日をもって終了いたします。
詳細については「お知らせ」をご覧ください。

OKIPPA LINE UP

せっかくの休日に荷物受取りのために自宅待機、時間指定はしたけれどいつ届くかわからずソワソワ、一人暮らしで対面受取りが不安、そんな荷物待ち・受取りストレスをOKIPPA(オキッパ)が全て解消します。

※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がございます。オリジナルデザインでのカラーバリエーションがあります。

OKIPPAオリジナル

4,980円(税込)

オキッパ柄

公式ショップ

カーキ

4,980円(税込)

無地(カーキ)

公式ショップ

ネイビー

4,980円(税込)

無地(ネイビー)

公式ショップ

置き配バッグOKIPPAができること

再配達なし、1回で受け取れる

時間指定はしたけれどいつ届くかわからずソワソワ。時間指定した時間なのに急遽で外出が。そんな荷物待ち・受取りストレスをOKIPPAが解決。 不在時に吊り下げ式簡易宅配ボックスOKIPPAを玄関前に設置しておけば、配送員さんは荷物を入れて鍵をするだけ。再配達は不要です。

非対面受け渡しで安心

対面受取りがちょっと不安。できれば配送員さんと対面せずに荷物を受け取りたい。配送員さんにも思いやりのある受け取り方をしたい。 そんな時の味方「置き配」専用のバッグがOKIPPAです。対面する不安感や小さなストレスから解放されましょう。 不在時だけでなく在宅中も、あなたに代わってしっかり荷物を受け取ります。

省スペースで工事不要

宅配ボックスを設置するスペースがない…そのスペースは不要です。 大きい宅配ボックスをおけない集合住宅であっても、吊り下げ式なので省スペース。 ドア付近に吊り下げるだけで、設置も簡単。ドア以外にも設置が可能です。

こだわりで使いやすさを追求

一瞬で手のひらサイズに折りたためるのに加え、広げると2Lのペットボトルが18本ラクラク入る大容量。 止水ファスナーや撥水加工が施されており、万が一の時も荷物を守ります。 すべて手縫いで作っているため、見た目以上に丈夫です。

OKIPPAのサポート一覧

買い切りコース
オプション
有料サポート

詳しくみる >
買い切りコース
オプション
無料サポート

詳しくみる >
付属品の補償
初期不良

汚損 有償交換 有償交換
使用中の破壊

有償交換
盗難・紛失

有償交換
バッグの補償
初期不良

汚損

使用中の破損 有償交換 有償交換
盗難・紛失 5,000円まで 有償交換
荷物の補償
汚損

破損

盗難 30,000円まで 5,000円まで
サービス
費用 100円 / 30日
※30日ごとの更新
無料

OKIPPAバッグご利用の流れ

OKIPPA購入

商品ページより、バッグを購入します。
買い切りの方は付属品の初期不良以外でのサポートは実施しておりません。

OKIPPAバッグがご自宅に到着します

通常3日〜5日程度でOKIPPAバッグがご自宅に到着します。
※設置方法がわからない場合はコチラをご確認ください

玄関周辺にOKIPPAを設置

ドアノブや蝶番、格子窓などにワイヤーをくくりつけしっかりと固定しOKIPPAを設置し、盗難補償手続きを行っていただきます。取り付け方法は説明書のほかに動画でもご案内しています。

お買い物

OKIPPAでの荷物受け取りのため、通販サイトでお買い物時に住所入力欄へ「OKIPPA預入希望」と記入してください。

OKIPPAで荷物受取

荷物がOKIPPAに預入されます。預入完了はOKIPPA専用アプリがお知らせします。アプリはダウンロード無料です。

注意事項
補償内容や補償方法
・「置き配保険」では、品物の盗難の際に30,000円まで補償、バッグの盗難の際には5,000円までを上限として補償します。
・保険申請回数上限 2回/年。詳しくは、買い切り有料サポートをご覧ください。

OKIPPAバッグの発送に関して
・通常はご注文より1~3営業日以内の発送となります。
※天候・航空貨物便の減便等の影響によりお届けまでお時間がかかる場合がございますので予めご了承ください。

お客様の声

数週間前からほぼ毎回OKIPPAで受け取っています。久しぶりに対面で荷物を受け取った際、顔見知りの宅配の方から「これを設置してくれてすごく助かるよー」と言われ、OKIPPA利用で宅配業者さんの負担が減らせていることを改めて実感し、直接言ってもらったのでとても嬉しく思いました!
この話に共感し、購入すると言ってくれた友人もいます!本当に良いサービスだと思います。

再配達の通知が入っていると、いつも申し訳なく思っていました。10分くらいちょっとした外出している間に不在票が入っていたり、時間指定をすると家から出られず困ったこともありました。OKIPPAがあるといつでも荷物が受け取れるので時間指定する必要もなく、配達員さんも都合良く配送ルートが組めるのではないかと思っています。

OKIPPAバッグがあることで、配達予定日に買い物や突然の用事などで出かけることが苦痛ではなくなり、精神的にはとても楽になりました。
ありがとうございました。

OKIPPAの目指すところ

再配達とは

毎日200万個の荷物が玄関まで運ばれては倉庫に戻り、
毎日702tの無駄なCO2が排出される、

誰もがムダだとわかるのに、一向に解決しない社会問題。

この課題解決にどれだけの努力をすればいいのか。

意外にも課題解決には努力と我慢は必要ない。

ただぶら下げていれば自然に使われて、
なにもしなくても自然体でいいコトができる、
そんな宅配インフラがあればいい。

ぶらさげてる、OKIPPA、それだけでエシカル。

※「エシカル」(ethical)とは、「倫理的な」という意味の形容詞です。

法律のような決まりやルールではなく、「社会的模範」のことを指します。

再配達とは

毎日200万個の荷物が玄関まで運ばれては倉庫に戻り、
毎日702tの無駄なCO2が排出される、

誰もがムダだとわかるのに、一向に解決しない社会問題。

この課題解決にどれだけの努力をすればいいのか。

意外にも課題解決には努力と我慢は必要ない。

ただぶら下げていれば自然に使われて、
なにもしなくても自然体でいいコトができる、
そんな宅配インフラがあればいい。

ぶらさげてる、OKIPPA、それだけでエシカル。

※「エシカル」(ethical-sp)とは、「倫理的な」という意味の形容詞です。

法律のような決まりやルールではなく、「社会的模範」のことを指します。

トピックス

よくある質問

OKIPPAバッグや付属品は壊れたら何度でも交換してくれるのですか?

月額継続コースを契約している間は、専用ロックや南京錠等の付属品を無償で交換いたします。
OKIPPAバッグについては、破損した場合のみ無償で交換いたします。 汚れ・色あせ等は無償交換の対象となりませんのでご了承ください。
OKIPPAアプリ内「マイページ > お問い合わせ・盗難報告 > OKIPPAバッグの不具合・破損」より、必要事項を記入の上お問い合わせください。

サポートページでみる

オートロックマンションに住んでますが、OKIPPAバッグは使用可能でしょうか?

オートロック付きマンション・アパートなどは不在の場合、配送員が玄関前にアクセスできず、利用不可な可能性があります。在宅の場合には、オートロックを開錠すれば、対面ナシの玄関前で荷物が受け取れます。現在、オートロック付きマンション向けにオートロック解錠システムを開発中です。詳しくはこちら

サポートページでみる

OKIPPAバッグで受け取る際、受領印は必要でしょうか?

商品ご注文時に住所欄に「OKIPPA預入希望」とご記入頂くことで、受領印の代わりにユーザー様がOKIPPA受取りを承諾している旨を、配送員様に伝えることができます。ただし、お荷物の種類や配送事業者様によってはOKIPPA預入を希望しても受領印が必要な場合がございます。その場合は、100円ショップ等で販売されている印鑑ホルダーを利用してバッグにシヤチハタ等を取り付けてください。

サポートページでみる

OKIPPAで荷物を受け取るにはどうしたらいいですか?

以下を実施していただくことでOKIPPAバッグでお荷物を受け取っていただけます。

・バッグと一緒に同封の「配送員向けプラカード」を吊り下げる
・商品注文時に住所欄または備考欄等へ「(OKIPPA預入希望)」を追記する
例:オキッパハイム201号(OKIPPA預入希望)

上記を実施しても預入不可の場合には、天候や商品の大きさ、商品属性(荷主が宅配ボックス利用不可としているもの)が関係している可能性がございます。 ※冷凍・冷蔵の生もの、書留や代金引換・着払い商品は、預け入れができませんのでご注意ください。

サポートページでみる

OKIPPAバッグは防水ですか?

バッグには撥水加工生地と止水ファスナーが使われております。多少濡れても大丈夫ですが完全防水ではございませんので、屋根のある場所に設置し長時間雨ざらしにする等は避けてください。台風や大雨の日には取り外して室内に保管いただきますようお願いいたします。
また、防刃素材ではございませんので、刃物等を使うと切断することが可能です。日用品などの簡易受け取りにご利用ください。
高価なもの、希少なものの受け取りは対面受け取り等を選択いただければ幸いです。

サポートページでみる

last-mile-lifestyle last-mile-lifestyle

メディア