Amazonが先行!?世界の最先端宅配「車トランク×スマートキーボックス」:車が宅配ボックスに!

車トランク×スマートキーボックス

宅内への配達や宅配ボックスなど、宅配サービスは進化し続けています。今回は最先端宅配のシリーズで「車」を宅配場所に指定できるサービスをご紹介します。残念ながら現時点では日本国内での実用化はされていません。しかし、実用化に向けての動きは着々と進んでいます。

海外の事例を見ながら、日本でも開始される可能性の高い「車トランク」への宅配方法をまとめてみました。

「置き配」の場所として車のトランクは最適?

車のトランクに荷物を入れる男性

日本よりも車社会の傾向が強い海外の地域では、車のトランクに配達する仕組みが色々と考案されています。

「置き配」の場所として車を活用しようと試行錯誤を重ねている幾つかのサービスを取り上げていきたいと思います。

 

宅配便が車に配達されるサービス一覧(試験段階のものを含む)

+を押すと詳細が表示されます。

提携ECサイト,
配送・運営会社など
⦿利用デバイス or アプリ
メーカー
(車種等)
利用方法 開始年・利用地域
現段階での利用
Amazon
In-Car Delivery⦿利用デバイス・アプリ
【Amazon Key】
【Amazon Keyアプリ】
GM(ゼネラル・モーターズ)
・Chevrolet(シボレー)
・Buick(ビュイック)
・Cadillac(キャデラック)
VOLVO(ボルボ)
・各種Volvo車・Volvo on Call(Volvoユーザー用のサービス)とリンクさせて利用する
⦿2015年以降の製造車で利用可
⦿Amazonプライム会員限定
【アプリ連動型】
Amazon Key アプリをDL
※アプリのシステムにより車の解錠・施錠を管理
※高額商品,Amazon以外の売り手によるものは不可
※大きさ制限あり
⦿2018年4月にプレスリリース:実用化済み
⦿米国内の37都市(とその周辺)で利用可能
※2015年にはアウディ,DHL(国際輸送物流会社)との取り組みを実施したが,サービス開始時点ではアウディは不参加
ジョン・ルイス(英国百貨店)

⦿利用デバイス
【スマートボックス】
DHL, DPD, Parcelforce, TNT, UKMail, UPS, Yodel等の配送業者を指定可能

Jaguar Land Rover
(ジャガー・ランドローバー)
傘下の企業(InMotion)と提携し,その支援企業である「toBoot」が技術開発
⦿2002年以降の製造車で利用可能
⦿スマートボックスをトランク内に設置する
⦿1回限りのパスコードで車を解錠する
※荷物の配送先を車に設定し,位置情報やナンバープレートの情報を活用
※2016年からテスト開始
(ジャガー・ランドローバーの社員を対象に配送実験を実施)
⦿2017年から段階的に実用化済み
※大手宅配業者と連携予定

⦿利用デバイス
【スマートキーボックス】

TOYOTA(トヨタ) ⦿トヨタが開発したスマートキーボックス(SKB)を利用し,スマホ専用アプリと連動して鍵データを管理するトヨタのサーバーにアクセス。Bluetoothでの接続により端末から1回限りの解錠コードを取得 ※2018年度内に日本国内での実証実験を開始予定(北米でも検証中)
⦿現段階では利用不可
※自宅に停車してある車両トランクへの配達を想定したサービス

表の中では詳しく触れませんでしたが、Volvo(ボルボ)では2015年からVolvo on Callというサービスを通して「in-car delivery(車内への配達)」をスウェーデンの一部地域で開始しているようです。企業との連携も進んでおり、指定した場所の近くに車を置いておくことで、簡単に利用できます。Volvoホームページを確認すると、既に様々なサービスとの連携が進んでいることが分かります。

日本ではまだ実用化されていませんが、今後セキュリティ面での様々な問題がクリアされれば,日本国内でも世界中でも、飛躍的にサービスが拡大していく可能性もあります。最先端のサービスからは目が離せませんね!

どの「置き配」を選びますか?宅内? 車内?それとも…?

以前の記事でもご紹介したように、不在時に家の中に荷物を届けてくれるサービスはヨーロッパの一部地域や米国において既に実用化されています。意欲的に新たなサービスを考案している各企業の様子を見ると、日本で実用化される日も近いような気がしてきますね。あなたなら「自宅」への配達と「車内」での配達、どちらを選びますか?

それとも、何か別の「置き配」を選びますか?

どの方法にも便利さや心配な点があるかもしれません。利用する側として、やはり一番気になるのは…

「きちんと届くのか」「セキュリティ面は大丈夫なのか」ということではないでしょうか?

OKIPPA利用イメージ

2018年8月にサービス開始予定の「置き配バッグ」OKIPPAは、あなたの自宅の玄関先に、荷物を安全に届けるサービスです。日本国内における複数の大手運送会社と連携を取りながら、安全・安心の「置き配」を実現しようと準備を続けています。家の中や車の中への「置き配」が実用化される前に、これまでとは違う受け取り方をOKIPPAで体験してみるのはいかがでしょうか?

対面で荷物を受け取らなくて良い。配達時間にも縛られない。

そんな便利な生活を、ぜひとも体験してください。

 

OKIPPAバッグは以下のサイトで好評発売中!!
楽天市場 OKIPPA公式サイト

また、再配達依頼をアプリ一つで簡単に行いたい方は以下のOKIPPAアプリもお試しください。配送会社6社(ヤマト、佐川、日本郵便、西濃運輸、Amazonデリバリープロバイダ、Rakuten EXPRESS )の再配達依頼が簡単に一つのアプリで完了します。

▼ダウンロードは下記リンクより▼
Nrアプリ

App Storeでダウンロード GooglePlayでダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です