簡易版の宅配ボックスでは通常1つの荷物を受け取ることを想定して作られているため、2個目の配達物を受け取ることができないという弱点もあります。しかし、日頃から様々なものをネットで購入している方の中には、一日に2個以上の荷物が届くという方も多いのではないでしょうか。 最近では、「2個以上」の荷物を受け取れる戸建向け(個人宅向け)の宅配ボックスも出てきているようですので、今回はそちらをまとめていきたいと思います。    

2個以上の荷物が受け取れる宅配ボックス5選

宅配ボックス 2個以上の荷物を受け取れる「宅配ボックス」について、価格、容量、利用方法、セキュリティなどの面から、製品の特長をまとめてみました。 2個以上の荷物が受け取れる宅配ボックス5選 +を押すと詳細が表示されます。
商品名 ●企業(または販売業者) ⦿製品の素材や特徴 価格(¥) ●容量(または対応荷物サイズ) (外寸㎝) 幅×奥行×高さ 設置方法 ※利用方法 セキュリティ (施錠方法)
フォルディア(Foldea) ●フォルディア(Foldea) ⦿左開き・右開きの設定可能 ⦿亜鉛メッキ鋼板 12,990 ●上段21.6L・下段30L (本体:49×35×56) 本体重量:10.5㎏ ●本体を水平な場所に置き,付属のワイヤーで固定(個人宅向け) ※宅配業者向けの案内POP付属 ※印鑑収納ボックスあり 盗難防止ワイヤー・ ダイヤル南京錠
宅配ありがとさん ●信防エディックス ⦿大容量2ボックスタイプ ⦿中板をはずして1ボックスとしても使用可能 ⦿事故防止のための脱出リングあり 21,060 ●≪1段あたり≫ 50×33×36の荷物まで対応 ●≪2段を1つにして使う場合≫ 50×33×75の荷物まで対応可能(本体:60×40×90) 本体重量:18㎏ ●本体を地面に置いて使用(個人宅向け) ●アンカーボルトやチェーンでの固定は可能(各自用意) ※ロッカーと同じシンプルな構造なので,鍵を開けた状態の南京錠をつけておき,配達後に鍵を閉めてもらう ※印鑑収納は可能(各自用意) 南京錠
ニコウケトール ●ダイケン ⦿緩衝剤付き(水洗い可能) ⦿アンカー固定用部品つき ⦿スチールガルバリウムカラー鋼板 29,500 ●35×25×19以下の荷物に対応 (本体:40×45×81.5) 本体重量:15㎏ ●35×25×19以下の荷物に対応 (本体:40×45×81.5) 本体重量:15㎏ 物理キー
MailBox(メールボックス) ●★神田バザール★ ⦿複数の荷物を収納可 ⦿アンカーボルトつき ⦿亜鉛メッキ鋼板 29,800 ●28×38×16㎝の荷物まで (本体:45.5×45×90.5) 本体重量:19.5㎏ ●本体を地面に置いて使用(個人宅・戸建向け) ●付属のアンカーボルトによりボックスと地面を固定して使用 ※ボックスは上段・下段に分かれており,上扉(上段部分)を開けて荷物を入れ,扉を閉めると荷物が下段へ落下 ※印鑑収納スペースなどはなし ダイヤルロック式
Delivery Box ●iHome ⦿大容量 ⦿防水・錆びにくい ⦿底面にポリウレタンクッションを採用 ⦿めっき鋼板 30,800 ●35×55×28(推奨サイズ)の荷物に対応 (本体:41×38×102) 本体重量:15㎏ ●付属のアンカーにより本体と地面を固定 ※フタを開けて荷物を入れると下部に荷物が落下する仕組み ※印鑑ケースつき 物理キー
一番安いものでは13,000円程度,高いものでは30,000円程度することが分かりました。個人で利用する場合には何十万円もするものはなかなか手が届きませんし、比較的良心的な価格設定という印象を受けました。それにしても、ニコウケトール、名前が秀逸です。(笑) 2個以上受け取れる宅配ボックスの場合は,上部から荷物を入れる仕組みが多いので、荷物は下部に向かって落とし込まれるかたちになります(※ロッカー式のものはこれに該当しません)。 ワレモノなどの受け取りに関しては注意が必要ですが、2個以上受け取れるという点は非常に魅力的ですね。

宅配ボックスの色々:セキュリティ面の取り組み

防犯カメラ セキュリティ面での問題が気になる方のために、今回は安全性という部分にも注目してみたいと思います。 今回ご紹介した5つの宅配ボックスは、いずれもボックス本体をワイヤーやアンカーで固定するように推奨されているものがほとんどでした。 ボックス本体の重量も10㎏~20㎏と重めに設計されており、一度荷物を入れた後は簡単には取りだせないような構造や仕組みも採用されているので、盗難防止のために様々な工夫が施されていることが分かります。 宅配ボックスそのものには盗難時の補償はありませんが、ボックスが簡単に持ち去られないように固定をしておけば、安心して利用することができそうですね。

宅配ボックスなら「荷物受け取り」の負担から自由に

海ではしゃぐ女の子たち 不在時にも安心して荷物を受け取りたい… 再配達で面倒をかけるのが申し訳ない… 宅配便の受け取りに悩む皆さまにとって、「宅配ボックス」は、毎日の生活をもっと楽にしてくれる非常に便利なアイテムになります。今後も様々な製品が開発されていくことが予想できますので、引き続きリサーチを続けながら、最新の宅配ボックスについてお伝えしていきたいと思います。   もっと安く気軽に宅配ボックス機能が欲しい!という方は、ぜひ下記置き配バッグOKIPPA( 税込3,980円)もご覧ください。 OKIPPAバッグは以下のサイトで好評発売中!!
OKIPPA公式サイト

また、再配達依頼をアプリ一つで簡単に行いたい方は以下のOKIPPAアプリもお試しください。配送会社5社(ヤマト、佐川、日本郵便、Amazonデリバリープロバイダ、Rakuten EXPRESS )の再配達依頼が簡単に一つのアプリで完了します。