突然ですが、皆さんは電気料金をどのように節約されていますか?
コンセントを抜いたり、こまめにスイッチを切ったり…と毎日コツコツ努力されている方も多いかもしれませんよね。

今回は、家庭における電気使用量の秘密に迫りつつ、ライフスタイルによっては電気代がかなりお得になるTEPCO(東京電力エナジーパートナー)の「夜トクプラン」というサービスについてもご紹介していきたいと思います。

電力自由化で選べるようになった電気の買い方

世界的に見ても高額と言われている日本の電気料金ですが、時間をかけて段階的に進められた「電力自由化」により、2016年4月1日からは一般家庭でも、電気の契約を自由に選択できるようになりました

では、電力自由化の前と後では、何が変わったのでしょうか?

これまでの電気料金(電力自由化前)
契約容量によって定められた「基本料金」と「使用量」に応じて計算される電力量料金(3段階)の合計となっており、使用した分に応じて従量課金されていく仕組み

電力自由化後
様々な会社が新規参入をしたことにより、新たなプランが登場

課金の仕組みがシンプルになったり、基本料金がなくなったり、ライフスタイルによって電気料金がお得に使用できるプランを選べたり、他サービスとのセット割引が適用されたり、というように、自分の生活に合わせた電気の買い方が可能になったのです。

電気使用量の多い家電と電力消費が増える時間帯


私たちの日常は様々な電気製品に囲まれています。
では、最も電力を使うのはどんな家電なのでしょうか?

経済産業省資源エネルギー庁のウェブサイトでは、「家庭における消費電力のウエイト比較」という資料が公開されています。
電気使用量の多いもの順から見ていくと…

電気使用量ランキング

第1位:電気冷蔵庫 14.2%
第2位:照明器具 13.4%
第3位:テレビ 8.9%
第4位:エアコン 7.4%
第5位:電気便座 3.7%

となっており、6位以降には、電子計算機(パソコン:2.5%)、ジャー炊飯器(2.3%)、電子レンジ(1.8%)などが続いていました。

照明器具やテレビ、エアコン、パソコン、炊飯器、電子レンジなど、基本的に在宅時に使用する家電の消費電力の割合を合計してみると36.3%となります
家電の消費電力全体の3分の1以上を占めていることが分かりますね。
1位の冷蔵庫と5位の電気便座を合わせた割合(17.9%)よりも圧倒的に高い数値となっていました。

季節によっても消費電力は変わります。
夏場や冬場はエアコンの使用時間も長くなりますので、空調をあまり使わなくてすむ季節(春・秋)と比較してみると、夏場は10%近く、冬場は35%近くも電気の使用量が増えるそうです。

確かに、夏と冬は電気料金がかさみますよね…。

これに加えて、世帯人数によっても、電力消費は変わってきますので、1人暮らしよりも2人暮らし、2人暮らしよりも大家族の方が電気の使用量は当然多くなります。

では、電気を使う時間帯についてはどうでしょうか。
各家庭のライフスタイルによっても大きく異なる点ではありますが、一般的には朝と夜の電気使用量が多くなる傾向があると言われています。季節を問わず、夜は電力消費が増える傾向もあるようです。

仕事などで日中はほとんど家にいない、というご家庭の場合は出勤前の数時間と帰宅後の数時間しか電気を使用していないかもしれません。
共働き家庭の場合は特に、電気製品を使用するのは朝と夜のみ、という方も多いようです。

日中不在が多い方は、料金プランの見直しで電気代がお得に!


電気を集中的に使用する時間帯が、朝と夜に限られている場合は、夜の電気使用量が最もお得になるプランを選ぶことで、毎日の電気代を節約できます。日ごとのわずかな節約も、1年続けるとかなりのお得感が味わえます。

・気づいたら、朝と夜しか家にいない気がする・・・
・家にいない間の電気代を少しでも節約できたらいいのに…

そんな方にぜひご紹介したいのが、TEPCO(東京電力エナジーパートナー)の「夜トクプラン」です。

夜トクプランとは?

TEPCO~夜トクプラン~

TEPCOの夜トクプランは、夜の電気使用量の割合が高いほど、お得に使えるプランです。
日中働いている方や家にいない方にとって、昼間はほとんど電気を使わない時間帯といえます。

多くの電気製品は在宅時に利用するものですので、夜間の電気料金がおトクになれば電気代の節約にも繋がっていきます。
現在、TEPCOには2種類の「夜トクプラン」が用意されています。夜トクプランでは、1kwhあたりの電力量料金単価(税込)が、時間帯によって割引されるプランになっています。

●夜トク8(エイト)●
午後11時から午前7時までの8時間が、割引対象の時間帯となります。
32.74円 → 21.16円

●夜トク12(ジュウニ)●
午後9時から午前9時までの12時間が、割引対象の時間帯となります。
34.39円 → 22.97円

※どちらも基本料金および最低月額料金(1契約)は同じです。

下記のサイトから電気料金を試算することもできますので、ご自身のライフスタイルに合わせてお選びいただくと良いでしょう。
http://www.tepco.co.jp/ep/private/select.html

次回は、夜トクプランとの組み合わせでさらにお得になる、TEPCOのセットプランについてご紹介していきます!

!TEPCO✖️OKIPPA期間限定キャンペーン中!

TEPCOで電気とガスをまとめるとおトク!

OKIPPAバッグは以下のサイトで好評発売中!!
OKIPPA公式サイト

また、再配達依頼をアプリ一つで簡単に行いたい方は以下のOKIPPAアプリもお試しください。配送会社9社(ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、西濃運輸、福山通運、Amazonデリバリープロバイダー各社、Rakuten EXPRESS、カトーレック、プラスカーゴサービス)の再配達依頼が簡単に一つのアプリで完了します。